食べ飲みウマイ美味しい速報

飲食系に関する事のまとめサイトです。 美味しいレシピや美味しい酒や、B級グルメ等 『おいしい』思いをした等、ウマウマーな事は何でもまとめていきます。 その他フード業界のニュースもまとめてます。 ラーメン・寿司・焼肉・中華、食材も肉・魚・米なんでも!

    タグ:栄養失調

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    朝昼晩すべてカップ麺を食べた結果

    【偏食&節約で1ヶ月朝昼晩をカップ麺で過ごした結果wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    健康に生きる


    1: ドラゴンスリーパー(大阪府)@\(^o^)/ 2014/11/13(木) 15:36:10.13 ID:BwxfPs6V0.net BE:711292139-PLT(13121) ポイント特典
    sssp://img.2ch.sc/ico/anime_imanouchi01.gif
     健康的な食生活への関心が高まると、不健康な結果を招くことがある。

     一部の医師や登録栄養士たちによると、純粋な、あるいは「クリーンな」食品を食べたいという願望が強迫観念になってしまい、不健康な状態になってしまう人々が増えている。
    未加工の食品だけを食べる完全菜食主義者や、主要食料源からグルテン、乳製品、糖質といった複数の要素を除外してしまう人のことだ。極端な場合、栄養失調になってしまう人もいるという。

     そうした病気のことをオルトレキシアと呼ぶ専門家もいる。精神障害のバイブルとされている「精神疾患の診断・統計マニュアル(DSM)」にも正式な診断名がなく、あまり研究が進んでいない病気だ。
    この病気にかかっている人は、強迫性障害(OCD)のような認知されている病気の症状を示したり、拒食症の人のように不健康なぐらい体重が減ってしまうということが多い。

     ロサンゼルス在住のジョーダン・ヤンガーさん(24)は昨年、自分の野菜中心の食事に関するレシピや写真を投稿するために写真・動画共有サービス、インスタグラムのアカウントやブログを開設した。
    すると、日々の食事が彼女の生活のすべてになってしまった。

     「朝目覚めると、今日は何を食べようかと考えてパニックになった」とヤンガーさんは振り返る。
    「ジュースバーやホールフーズ・マーケットといった自然食品店に行くと、かなり長い時間をかけてすべてを見て歩き、その日1日分のメニューを考えようとした。
    自分でもこれは不健康だと気付くほど健康な食生活を送ることに夢中になり始めていた」

     すでに細身だったヤンガーさんは食事制限をして約11キロも痩せたという。彼女の肌はオレンジ色になり、月経が来なくなった。
    今年5月、彼女は摂食障害の専門医や栄養士のアドバイスを受け始め、回復することができた。

    一部抜粋
    http://jp.wsj.com/news/articles/SB10113763752903943770504580272140523277622

    【一日でも長く…「健康のためなら死んでもいい」←冗談では済まない事案が多発、健康食に拘るあまり栄養失調や拒食症…】の続きを読む

    このページのトップヘ