食べ飲みウマイ美味しい速報

飲食系に関する事のまとめサイトです。 美味しいレシピや美味しい酒や、B級グルメ等 『おいしい』思いをした等、ウマウマーな事は何でもまとめていきます。 その他フード業界のニュースもまとめてます。 ラーメン・寿司・焼肉・中華、食材も肉・魚・米なんでも!

    タグ:牛丼

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    牛丼店が大ピンチ


    1: ジーパン刑事 ★@\(^o^)/ 2014/11/22(土) 12:39:47.78 ID:???0.net
    手軽に食べることができる日本の国民食、牛丼。値上げが進むこのどんぶり一杯の価格がこの先、さらに上がってしまうかもしれない。
    牛丼などに使われる米国産の牛バラ肉(ショートプレート)の価格が2014年9月に
    1キログラム1000円を超えた。2003年12月に発生した米国でのBSE(牛海綿状脳症)によって急騰した数カ月を除けば、過去最高の水準だ。
    7月に「プレミアム牛めし」を発売した松屋フーズ。冷凍肉から冷蔵肉に切り替え肉質向上を図り、
    並盛りの価格は380円と従来品から90円も値上げした。高収益が期待されると思いきや、
    「牛肉価格の上昇で従来品と粗利は変わっていない」と緑川源治社長は実情を明かす。

    干ばつと円安が打撃
    昨年末に発売した鍋メニューがヒットした吉野家は、10月下旬に同商品の販売を再開したが、
    前回販売時から40円の値上げに踏み切った。「肉の仕入れ値が2倍になったが、商品のクオリティを落とすことはできなかった」(河村泰貴社長)。
    2013年2月には米国産牛肉の輸入規制が緩和され、米国から輸入される
    牛の月齢が20カ月以下から30カ月以下になった。一時的に供給量は増え、価格も下落した。
    だが、2013年9月を境に牛肉価格は再び上昇し、過去1年間で米国産バラ肉の仕入れ値は2倍にまでハネ上がった。
    価格上昇の要因は複数ある。一つは円安・ドル高の進行。
    もう一つは米国で2011~12年に発生した干ばつの影響だ。餌不足となり干し草や穀物の価格が高騰した。
    大半の農家は餌代の上昇に耐えられず、肥育牛だけでなく、繁殖用の雌牛も売る動きが加速した。
    豚が一度に10頭、年2回出産するのに対し、牛は1年に1頭しか出産できない。繁殖用雌牛の減少で、飼育頭数の回復には2~3年の時間を要する。
    実際、2014年1月時点での米国の牛飼養頭数は8773万頭と過去最低の水準に落ち込んだ。
    供給が減る一方で、世界の牛肉需要は増加傾向にある。特に中国などアジア諸国からの引き合いは強い。

    供給は減り、需要は増える一方
    BSE問題が発生して以降、米国産牛肉の輸入を禁止している中国だが、
    「実際には香港、ベトナムなどを経由し米国産牛肉が現地で流通している」(大手商社幹部)。
    新興国の牛肉需要が高まるにつれ、「地産地消が進めば将来的に価格も落ち着くのでは」(牛丼チェーン役員)と期待する声も聞こえてくる。
    しかし、丸紅の野村和伸・畜産部長は「新興国での牛の飼育は簡単には進まない」と指摘する。
    牛は1頭当たりの飼育期間が長く、餌代などの費用を長期で負担しなくてはならないからだ。
    「供給は減り、需要は増える。15年にかけ牛肉価格が下がる要素は、円高に振れる以外に何もない」(野村部長)

    牛丼各社への値上げ圧力は高まるが、低価格に慣れた消費者が値上げを受け入れるのは決して容易ではない。

    http://toyokeizai.net/articles/-/53468
    牛丼ピンチ!止まらない米国産バラ肉の急騰
    値上げしたばかりだが、粗利は変わらず

    【【外食】牛丼ピンチ!!止まらない米国産バラ肉の急騰wwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    すき家の社長が3Kの仕事をやらない人が増えた


    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/09(日) 19:18:35.74 ID:gWOgGr1j0.net
    すき家のゼンショーHD社長「3K仕事やりたがらない」

    人手不足に悩む外食大手ゼンショーホールディングスの小川賢太郎社長は
    「日本人はだんだん3K(きつい、きたない、危険)の仕事をやりたがらなくなっている」
    と嘆く。

    傘下の牛丼チェーン「すき家」では2月以降、アルバイト不足で一時閉店が相次ぎ、28店が今も休業中。
    景気回復に伴う人手不足は、外食や小売りで深刻だ。

    http://www.asahi.com/articles/ASG5G5FL3G5GULFA02J.html

    【すき家の社長「日本人は3Kの仕事をやりたがらない」…】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    1: 以下、\(^o^)/でVIPがお送りします 2014/11/01(土) 22:25:51.21 ID:N8QJtW9i0.net
    うますぎワロタwwwwwwwwwwww

    no title

    no title

    no title

    no title

    【【画像】トップバリュの牛丼wwwwん?宇宙食ですか??】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    6000円の高級牛丼


    1: 名無しさん@おーぷん 2014/10/10(金)17:24:41 ID:e1ODnDzNr

    【見よ、これが驚愕の一杯6000円の牛丼じゃいwwwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    各社の牛丼を評価


    1: やめられない名無しさん 2012/07/14(土) 07:30:00.01 ID:SDXcrnpr.net
    さあ

    【牛丼各社のメニューを評価するwwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    松屋のプレミアム牛めし


    1: 既にその名前は使われています@\(^o^)/ 2014/08/06(水) 17:14:28.66 ID:fYTqIGGZ.net
    500円未満で、これだけのものが食される事を凄いと思う。
    日本のテクノロジーは、冷蔵にしたらこれだけのものかと驚いた。

    【松屋のプレミアム牛めしがある意味凄いwww】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    吉野家の牛丼
    牛丼
    牛丼濃いめ



    1: Ψ 投稿日:2014/08/16(土) 21:56:31.01 ID:uLLS6+zh0
    カッピカピの牛丼出す店もあれば、
    そこそこ旨い店だす所もないけ?
    どことは言わんけど。

    味噌汁はどの店も不味い

    【吉野家の牛丼って店によって不味い牛丼出すとこと旨いとことないけ?】の続きを読む

      このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック
    すき家の食材の原産地


    1: ちゃとら ★@\(^o^)/ 2014/08/13(水) 09:08:55.93 ID:???0.net
     牛丼チェーン「すき家」を運営するゼンショーが、中国産食材の使用についてマスコミの質問に答えなかったことがネットで話題になっている。
    ゼンショー側は、J-CASTニュースの取材に対して、初めてどの食材に使ったかを明らかにした。

    中国産食材については、たびたびその安全性に疑問符が付いた。
    今回は、チキンナゲットの仕入れ先だった上海福喜食品が使用期限切れの食肉を出荷していたことから、また脚光を浴びた形だ。


    「部分的に報じられると消費者に誤解を招く」

    そんな中で、2014年8月7日のあるツイートが、中国産食材についてすき家がマスコミの質問に答えなかったことを紹介した。
    牛丼チェーン5社の回答を並べた 表の画像をアップし、「すき家やべぇなおい....」とつぶやいた。
    すると、大きな反響を呼んで、約8000件もリツイートされるまでになっている。

    調べてみると、この表は、夕刊フジの13年5月17日付記事に載っていたものだった。
    記事では、すき家は、中国産食材の使用について、「回答できない」となっていた。
    一方、吉野家は、季節によって中国産の玉ねぎを使っている、松屋は、国産と中国産の玉ねぎを併用している、などとホームページ上に載せたとしてあった。

    記事によると、すき家のホームページでは当時、お米、牛肉、レタス、キャベツに限って産地を公開し、いずれにも中国産の表示はなかった。
    玉ねぎについては、「公開していない」とした。
    中国産の有無について回答しなかったことについては、「部分的に抜粋して報じられると消費者に誤解を招く可能性がある」と取材に説明したという。

    ただ、記事の前か後かは分からないが、13年5月には、ウナギは中国産であるとホームページ上で紹介していた。


    吉野家や松屋は、玉ねぎなどに中国産と説明

    とはいえ、中国産食材について、すき家がその使用について明確にしない姿勢は最近まで変わらなかった。

    週刊文春は2014年8月6日発売号で、中国産食材の特集を組んだが、すき家については、どの食材がそうかに回答がなかったとした。
    ゼンショーホールディングスは、運営する和食ファミレス「華屋与兵衛」も含めて、「食材はどのように管理されているかによって安全性が担保されると考えている。
    中国には食品安全に関する専門性の高い駐在員を派遣している」とだけ回答したとしている。

    ちなみに、吉野家や松屋は、玉ねぎなどに中国産を使っていると文春に回答していた。

    ネット上では、「不安なら食べなければいいのではないか」といった声もある。
    しかし、中国産を明確にしないことについて、逆に誤解を招くなどと異論も多かった。

    ウナギのほかに中国産があるかについて、ゼンショーの広報室では、J-CAST ニュースの取材に対し、「すき家で使用する玉ねぎは中国産を使用しています」と明確に回答した。
    玉ねぎについて明らかにするのは、初めてのようだ。

    中国産玉ねぎから基準値を超える農薬「チアメトキサム」が検出されたと厚労省が8日に発表したが、
    この点については、「すき家で使用する玉ねぎは船積み前と国内で使用前に検査しており、国の定めた残留基準値を超える農薬が残留している食材は提供しておりません」と説明した。
    そのうえで、すべての輸入食材について、農場や飼育場での原料の調査とできた製品の検査を取引先と協力して行い、安全な食材を提供しているとしている。

    なお、ゼンショーでは、ホームページ上で7月23日、グループのチェーン店で上海福喜食品から仕入れた食品は使用していないと発表している。

    http://www.j-cast.com/2014/08/11212911.html?igred=on

    【【牛丼業界】すき家、中国産食材の有無に初めて答える。「玉ねぎは中国産」】の続きを読む

    このページのトップヘ